アトピー 漢方外来 不妊症|漢方緑川クリニック|大阪市北区梅田|皮膚炎 生理不順 潰瘍性大腸炎 じんましん 慢性肝炎 腎機能障害 冷え症 頭痛

漢方 アトピー 不妊症 潰瘍性大腸炎 漢方緑川クリニック 大阪市北区梅田 びょういんぐ


漢方外来診療でアトピーや不妊症、潰瘍性大腸炎などの治療に高い効果と実績をあげる、漢方緑川クリニックの緑川沢樹先生を取材してきました。

漢方内科、漢方アレルギー科、東洋医学(漢方診療)
大阪市北区漢方緑川クリニック

アトピー 漢方外来 不妊症 潰瘍性大腸炎 緑川クリニック 大阪市北区梅田

アトピー性皮膚炎・じんましん(皮膚科疾患)、不妊症、生理不順(婦人科疾患)、潰瘍性大腸炎など難病、慢性肝炎・腎機能障害など、冷え症、頭痛

漢方緑川クリニック TOP > 院長インタビュー

院長インタビュー : 漢方緑川クリニック 緑川沢樹

漢方緑川クリニック 緑川沢樹院長


漢方緑川クリニック 緑川沢樹先生
漢方をもっと治療に活かしたい

もともと西洋医学の臨床経験を積んでいた

漢方緑川クリニックの緑川先生。


先生の実家が漢方薬局ということもあり、

医療現場で漢方を使っているうちに、

その効果と患者さんの漢方に対する需要が非常に高いことを実感して、本格的に漢方を追及したそうです。


その情熱は、漢方の本場、中国に留学して

学ぶほどで、1つのことにトコトンのめり込むという

先生の職人気質ならでは。


取材中も1つ1つの些細な質問に対しても

しっかり飲み込んでから答えていただけるので、

話が大変分かりやすく、スムーズに会話が進みました。


落ち着いた雰囲気で、紳士的な印象の先生です。

漢方治療について

漢方というと、難しい、西洋医学のサポート、

二番煎じ…というイメージを持っている方もいる

かも知れません。


「漢方は、症状や病をただ回復させるだけでなく、

体の底の部分から本当の意味で回復させ、

自然治癒力をつけてくれます。


このためアトピー性皮膚炎や、不妊症、

潰瘍性大腸炎などの難病にも有効なのです。


私は、西洋医学と漢方(中医学)、両方の知識と

視点から、患者さんごとにもっとも適した治療プランをご提供しています。」


漢方は正しく理解して扱えば非常に高い

治療効果を発揮するのです。


人間が本来持っている体の回復機能を

体に負担なく最大限まで活性化させてくれるので

根本的な回復につながるんですね。


緑川先生は漢方と西洋医学、両方の知識から、

偏らない治療を行っているので、難病までを漢方で回復させることができるというのも納得です。

漢方緑川クリニック 緑川沢樹 大阪
漢方緑川クリニック 緑川沢樹 大阪
生薬煎じ漢方薬

生薬煎じ漢方薬というのは簡単に言うと、

漢方薬をお茶のように煎じて効能を引き出す

ことです。


「生薬煎じ薬は生薬を1つ1つ吟味して、必要な

種類を必要な量だけ配合することが可能です。


私が生薬煎じ漢方薬で一番重要だと思うことは、

“毎日作って毎日飲めるかどうか”ということです。


漢方薬を正しく煎じ、正しく飲むことが早期回復へ

つながります。

そのための煎じ方や服用方法を患者さんには

納得のいただけるまで丁寧にわかりやすくご説明しています。」


同じ症状でも漢方の調剤は人それぞれ。

緑川先生が、その人にとってもっとも効果的な

漢方を選別・配合して服用方法までしっかりと

説明してくれるからこそ効き目があるということが

よく分かりました。

エキス製剤と生薬煎じ薬のちがい

エキス製剤とは、生薬煎じ薬と異なり、一般的な症状において、誰にでも対応できるように

大量生産された、オーソドックスな漢方薬です。

 

またエキス製剤は保険適応ですが、

生薬煎じ薬は保険が適応されません。

 

しかし、生薬煎じ薬は1人1人の状態に合わせた配合ができるので効き目がエキス製剤にに比べて段違いにすごいのです。


「保険の制約にしばられて、患者さんの回復に

とって本当に必要な種類の生薬を割愛したり、

本当に必要な用量を減量したりして本来の配合からかけ離れていくことになれば、治療効果も

低下します。


このため当院では治療効果を最優先すべく、

品質を吟味した上で厳選した可能な限り上質な生薬を使い、また配合もその人・その時に合わせて最適のものを最適の量だけ使った治療を提供しております。」


漢方緑川クリニックでは、どのような症状の患者さんにとっても、回復に必要なもっとも効く漢方を提供する為に生薬煎じ薬を扱っているのです。

漢方緑川クリニック 緑川沢樹 大阪
漢方緑川クリニック 緑川沢樹 大阪
望問聞切

どんなに効果を期待できる漢方薬でも、

正しく扱わなければ、意味がありませんし、

本来の効能を引き出すことができません。


その為には正しい診断が不可欠です。


望問聞切とは、見て、問うて、聞いて、触って、

の診察のことです。


緑川先生の望問聞切がしっかりしているからこそ

漢方緑川クリニックの漢方治療は高い効果と実績

をあげているのです。


「今まで良くならなかった症状が、良くなった!」

「漢方ってこんなにすごいんだ!」

という患者さんの声が多い理由は、

「患者さんに体の底から本当の意味で回復して

ほしい!」

という緑川先生の想いがあってこそですね。


アトピー 漢方外来 不妊症 潰瘍性大腸炎 緑川クリニック 大阪

漢方 緑川クリニック

大阪市北区梅田1-3-1

大阪駅前第一ビル2F

TEL : 06-6345-1148

漢方内科、漢方アレルギー科、

アトピー 漢方外来 不妊症

XHTML アトピー 漢方外来 大阪 不妊症 潰瘍性大腸炎 CSS アトピー 漢方外来 大阪 不妊症 潰瘍性大腸炎

名医 大阪病院検索びょういんぐTOP運営会社プライバシーポリシーご意見・ご要望ホームページ制作
名医・大阪病院検索 Copyright(c) 2006 Byo-ing All Rights Reserved.